オーガニックコットンとは?話題のサスティナブルファッションに注目。

ファッション​

「オーガニックコットン」という言葉を聞いたことはあっても、普通のコットンとの違いまで理解している人は少ないのではないでしょうか。関心が高まるサスティナブルファッションのなかでも、人気のオーガニックコットンについて紹介します。

オーガニックコットンとは

綿(コットン)は日用品や衣類に欠かせない原材料ですが、食品ではないため大量の農薬を使って栽培される傾向にあり、綿花栽培における農薬の大量使用による環境汚染や、発展途上国における労働者の安全や児童労働は長年問題視されてきました。こうした背景を受けて登場したのが「オーガニックコットン」です。

「オーガニックコットン」とは「オーガニック農産物等の生産方法についての基準に従って2 ~ 3 年以上のオーガニック農産物等の生産の実践を経て、認証機関に認められた農地で、栽培に使われる農薬・肥料の厳格な基準を守って育てられた綿花のこと」をいいます。

オーガニックコットン製品を選ぶ意味

普通のコットンとオーガニックコットンは、残念ながら見た目や感触などの品質に大きな違いはありません。しかし、その製造過程は大きく変わります。世界の耕作地のうち、綿花栽培が占める割合は2.5%ですが、世界の殺虫剤の約16%、農薬全体の7%もが綿花栽培で使われています。農薬のなかには発がん性の疑いがあるものも含まれています。化学薬品の使用量を最小限にコントロールし、有機栽培にこだわったオーガニックコットンの需要が増えれば、農地で働く人びとの健康や土壌を守り、農薬の生産過程で排出するCO2も減らせるなど、私たちの地球環境全体を守ることにつながっていきます。

発展途上国では子どもを学校に通わせずに働かせるなど綿花栽培をめぐる労働問題も相次いできました。オーガニックコットンの生産基準では化学薬品の使用を制限するだけでなく、社会的規範を考慮した労働基準も設けて、労働者の人権が尊重される環境づくりを推進しています。

サスティナブルファッションが話題に

ファストファッションの隆盛により、着られている服よりも廃棄される服のほうが多くなる現象が世界中で起こっています。このほかにも、毛皮などを目的とした動物の乱獲や、生産工場による環境汚染など、衣服の大量生産にはデメリットが伴います。そこで近年、日本でも注目が高まりつつあるのが、衣類の面から持続可能な社会を目指した「サスティナブルファッション」という概念です。サスティナブルとは「持続可能」という意味です。

リサイクル素材や環境負荷を低減して生産された素材を使った、高品質で長く愛用できる服を意識的に選ぼうというのが、ファッションにおけるサスティナブルな取り組みです。土壌汚染を抑えられるよう配慮して栽培されたオーガニックコットンは、まさにこのサスティナブルな価値観のもと作られた、地球環境に優しい素材と言えます。

さて、オーガニックコットンへの理解が深まったところで、いざさっそくサスティナブルなファッションを取り入れてみたいと思っても、戸惑ってしまうのがアイテム選び。そんな大人女性のみなさんに、最後にMY Mottoからおすすめのサスティナブルファッションをひとつご紹介します。

【MY Mottoおすすめ】オーガニックコットンを使用した「ロハシーコット」シリーズ

カットソーやワンピースなどをリリースする「ロハシーコット」シリーズは、ゆとりがありながらルーズすぎない美しいシルエットと、シンプルなデザインで人気を集めています。

ロハシーコットはオーガニックコットンだけでなく、地球環境に配慮したリヨセルがブレンドされたエコロジカルな素材で、原料のみならず再生繊維の生産時にも環境に配慮した素材を使用しています。毛羽立ちが少なく、吸放湿性にも優れ、暖かい季節に大活躍の一枚になること間違いなしです。

ナチュラルな肌さわりで着心地の良い、サスティナブル素材の「ロハシーコット」シリーズをすっきりスマートに着こなして、地球環境にも配慮したやさしい生活を始めてみませんか。それはきっと内面の美しさをも引き出してくれるはずです。

関連記事

PICK UP