毎日の洗顔は「生」で潤う!エイジングケア※に取り入れたい、洗う美容液。(※年齢に応じたお手入れ)

コスメ​

毎日の洗顔は、生で潤う。

年齢を重ねてくると、だんだんと肌のコンディションが気になってきますよね。特に、顔は気を使ってエイジングケア※を行いたい部位の一つ。肌のエイジングケア※の基本となるのは、やはり日々のお手入れです。化粧水や乳液をつける前の洗顔の方法や、洗顔料の選び方も重要なポイントとなってきますよね。この記事では、洗顔料の選び方やおすすめの洗顔石鹸を紹介します。

洗顔料の種類と特徴を解説

毎日使う洗顔料は、どのように選んでいるでしょうか。使い心地を重視したり、使われている材料をチェックしたりするなど、人によって選ぶポイントはさまざまです。洗顔料にも、いくつかの種類があるため、まずは種類別の特徴を知って自分に合った洗顔料を探してみましょう。

洗顔フォームタイプ

洗顔料として一般的で、定番ともいえるのは洗顔フォームです。洗顔フォームは、コンビニやドラッグストアなどでも多くの種類が売っていて手に入りやすく、価格も比較的安いものが多い傾向です。チューブタイプなので、保管や持ち運びも楽ちん。泡立ちがよく、洗浄力が高いのも特徴で、少量でも泡立つのでコストパフォーマンスがいいのもうれしいポイントです。しかし、合成界面活性剤などの添加物が入っているものが多いため、肌には刺激が強い場合もあり、敏感肌の人は肌を痛めてしまうこともあります。敏感肌の人だけでなく、肌が弱っているときには注意が必要です。

泡タイプ

通常の洗顔料は、自分で泡立てる必要がありますが、ポンプを押すと泡になって出てくるタイプの洗顔料は、自分で泡立てる必要がないため、忙しい朝にぴったりです。自分で泡立てると、泡が少ないまま洗ってしまい肌に摩擦を起こしてしまうことがあります。しかし、泡タイプはその心配がなく、優しい使い心地です。ただ、容量は泡になっている分少なめで、コストパフォーマンスの面ではよいとはいえません。自分で泡立てるのが苦手な人や、少しでも時間を短縮したい人などに合っている商品といえるでしょう。

石鹸タイプ

定番の石鹸タイプは基本的に合成界面活性剤が入っていないことが特徴です。主となる石鹸成分も肌に優しい成分が多く、厳選された素材で作られていることも多いので、肌への刺激に敏感な人に特におすすめです。泡立ちやすいフォームタイプに比べ、泡立ちに時間がかかることがありますが、逆に泡切れの良さも特徴で、洗いすぎを防止することができます。敏感肌用や乾燥肌用など目的別の商品も多いので、肌のコンディションが気になる人は、固形石鹸から選ぶのもよいのではないでしょうか。

その他のタイプ

クレンジングと、洗顔が一度でできるジェルタイプも人気です。忙しい人にとっては、もってこいの商品といえるでしょう。しかし、メイクを落とせるタイプの洗顔料は洗浄力が高い分、顔の皮脂を多く落としてしまいがちで、肌荒れしやすい人には不向きです。また、メイク用品によっては、きちんと落としきれないこともあるので、洗い残しには注意が必要です。

パウダータイプの洗顔料も、種類は少ないですが人気があります。個包装になっているものはかさばらず、持ち運びやしやすいので旅行などにも最適ですよね。泡だてには、コツが必要ですが、慣れればよく泡立ちます。皮脂や毛穴の黒ずみなども落としやすい成分を配合している商品もあります。

洗顔石鹸のメリットと選び方

これまで見てきた洗顔料のタイプの中でも、洗顔石鹸は、成分にこだわった製品も多いので、肌のエイジングケア※を重視する人にもおすすめです。固形タイプを選ぶメリットは、やはり肌への優しさ。石鹸成分でできているので、合成成分が少なく比較的肌荒れを起こしにくいといえるでしょう。また、目的別に特化した製品も多いのが特徴で、自分に合わせた目的や、肌タイプ別に選ぶことができるのもメリットです。

洗顔石鹸を選ぶときに重視したほうがいいポイントは、「自分の肌質がどんな肌なのか」ということ。主に、「普通肌」「乾燥肌」「脂性肌」といった3タイプに分けられることが多いでしょう。そのほかにも、アトピーや肌のトラブルを起こしやすい敏感肌の人もいますよね。自分の肌に合わせて製品を選ばないと、せっかくの成分が逆効果になってしまうこともあります。特に、敏感肌の人は、他の肌タイプの人にとっては問題ない成分でも、肌荒れの原因になってしまうことがあるため、成分をよく見てなるべく肌に優しい製品を選ぶようにしましょう。

注目を集めている「生せっけん」とは?

洗顔石鹸の中でも、注目を集めている「生せっけん」をご存じでしょうか。石鹸といえば、固形というのが今までの常識ですが、生せっけんは高熱を加えず固めないのが特徴です。生せっけんの見た目は、まるでバターのように見えるでしょう。「固形タイプでは味わえないぜいたくな使い心地」「石鹸なのに固形ではない」というユニークさが魅力的です。しかし、人気の理由は、含まれている成分にもあります。

ルアンルアンの生せっけんをご紹介

ルアンルアンの生せっけんは、液体化ギリギリまで美容成分が入っているので、洗い上がりはしっとりなめらか、それでいてさらっとした自然な質感が特徴です。そして、無添加や天然成分にこだわり、タイの伝統的な17種類の天然ハーブを配合しています。これらのハーブも「生」にこだわり、非加熱の生エキス。このエキスが、肌のハリや保湿にしっかり働きかけてくれます。さらに、天然のクレイが毛穴の奥の汚れも吸着して洗い流すので、顔のくすみが気になる人にもおすすめです。

ホワイト

エイジングケア※を重視する人におすすめなのは、ルアンルアンの生せっけんのスタンダードともいえる「ホワイト」です。配合されているプエラリアミリフィカ、アンマロク果実、チャ葉エキスは、肌のキメや弾力に働きかけてくれます。シリーズの中でも一番保湿感を得られますよ。

ルアンルアンの生せっけんは、容器もおしゃれです。ぜいたくな生せっけんの感触をたっぷり楽しめるよう、スパチュラですくうタイプの陶器製のポットがスタンダードになっています。しかし、持ち運びに便利なスティックタイプもあります。自宅でゆったりとした気分で使ったり、外出先でさっと顔を洗いたいときに気軽に使ったりするのもよいでしょう。目的に合わせて選ぶことができますよ。使い方も簡単です。泡だてネットに、生せっけんを取り、ぬるま湯を垂らしてよく泡だてたら、泡を絞り出して手にとり、顔を優しく洗います。天然の香りとハーブ成分が、ぜいたくに顔を包み込む快感を味わってみてくださいね。

生クリームのような滑らかさを持つ泡に17種類のハーブが溶け出しています

日本の繊細なお肌の為に自然由来にこだわり、ゆらぎやすい敏感なお肌にも保湿と活力を与える為の17種類のタイハーブエキスを配合しています。

[ホワイト]シリーズだけに配合されたプエラリアミリフィカ、アンマロク果実、チャ葉エキスは、くすみ・ハリなどのエイジングサインにお悩みの方におすすめの成分を豊富に含んだハーブです。

1つ1つのハーブエキスに様々な成分が含まれているため、その正しい配合を導き出すのはとても繊細な作業。ハーバルフレッシュソープはタイのスラポート氏の監修を得て、日本の繊細な肌に最適な配合でハーブの生命力を引き出した生せっけんを皆様へお届けしています。

(※年齢に応じたお手入れ)

関連記事

PICK UP