めぐる、眠れる。五つ星ホテルも認める天然クレイをバスタイムに取り入れる方法。

ビューティ​

五つ星ホテルも認める天然クレイ

デトックスしたい日は至福の自宅スパ

家庭で職場で、様々な役割をこなし、毎日を忙しく過ごす大人世代の私たちにとって、肌のコンディションをきれいに保ったり、ストレスを溜めずにリラックスする時間を持つことって大切ですよね。

「自分の時間がなかなか取れない...」「お肌に疲れが見えてきた...」そんな時は、バスタイムをとびきりリッチなセルフケアの時間にしてしまうのがおすすめ!お風呂にゆっくり浸かるだけでも美容効果やリラックス効果を得ることができますが、美容効果の高い入浴剤などのコスメグッズを取り入れて、手間なく続けけられてリフレッシュできる自宅スパタイムを始めてみませんか。

今回MY Mottoが注目したのは、海外セレブをきっかけにブームとなったクレイ美容!海外の一流ホテルのスパでも採用されている至福の天然クレイコスメをご紹介いたします。

クレイ美容とは

クレイとは、地中の奥深い位置から掘り起こされた粘土質の泥をいったん天日にさらして乾燥させ、さらに粉状に砕いた泥のこと。泥といっても、はるか古の時代に積もった火山灰が、長い時間地中に寝かされてできたもので、ケイ素やマグネシウム、カルシウム、ナトリウム、亜鉛、鉄分、アルミニウム、シリカなどのミネラルがふんだんに含まれています。これらのミネラル成分は、美肌に導く効果を期待でき、化学物質のような有害なものが含まれているという心配もありません。

良質なクレイは、入浴剤やフェイスパックなどに使われることも多く、ヨーロッパを中心に自然療法の一つとして取り入れられています。その他のクレイの利用方法としては、頭皮ケア、湿布、そして飲用としても用いられています。専門的にクレイ美容の施術を行っているサロンもありますが、自宅でも簡単に取り入れられるのも魅力ですね。身近な商品でいえば、洗顔フォームなどに使われていることもあります。

クレイの利用方法とその効果

天然クレイは、フェイスケア、頭皮ケアから飲用や入浴剤としてまで、幅広い方法で利用されています。クレイの使われ方とその期待効果についてご紹介します。

頭皮の改善や美肌効果

クレイは、表面にたくさんの細かな穴がある多孔質の特徴を持つため、肌表面の汚れや古い角質などの老廃物、そして余分な皮脂などを吸着してくれる働きがあります。体に不要になったものを排出してくれることで、肌を健やかに保つ効果が期待できます。スキンケアを目的にパックやリンパマッサージなどに利用するのは一般的ですが、大人世代の女性に特におすすめしたいのはクレイを使った頭皮ケア。頭皮の毛穴の汚れを落とし、健康な髪を育む土台作りにつながります。

巡りを促すクレイ入浴の効果

クレイの活用法として一番手軽なのは、入浴剤としての利用法。クレイを入れたお湯に全身をゆっくり浸すと、温浴効果とクレイの遠赤外線効果で体がしっかりと温まり、血流やリンパの流れ、全身の循環が促されます。 豊富なミネラルにより全身の素肌がしっとりと潤いを増し、代謝もスムーズになってむくみなどの不調を整えることができます。例えるなら温泉に入った時のように、肌の艶が増し、全身を包み込みようなリラクゼーション効果を感じることができるでしょう。お湯につかっている間に、リンパマッサージなどnセルフケアと組み合わせてみるのもおすすめです。眠りにつく前の習慣としてクレイ入浴を取り入れれば、よく眠れないという不眠気味の方も深い眠りを手に入れることができるかもしれません。

パックとしての利用方法

高級スパ・エステでも人気のフェイスバック、ボディパックとしての利用もおすすめです。メイクなどをしっかり落とした清潔で乾いた肌にクレイを3mm程度の厚さに塗っていきましょう。10分ほど置いて洗い流すとしっとりと見違える肌に!ポイントは、クレイが乾き始める前に洗い流すこと。クレイが乾燥してしまうと、肌の水分を吸収してしまうので必ず注意してご利用ください。薄く塗ったり、長時間ケアしたいという時は、お風呂の中で使う・霧吹きを使うなどの乾燥を防ぐ工夫が必要です。

海外ではサプリメントや治療目的としても

日本では、ほとんど普及していない使い方ですが、欧米ではクレイを治療に取り入れているケースも少なくありません。古代から体調不良の改善や病気による症状の緩和を目的に入浴、湿布や飲用としてクレイが利用されてきました。現代でもミネラルサプリメントとして飲用を目的として販売されている国もあります。日本では実際にどのような効果があるといったエビデンスはありませんが、温泉と同じように古代から人間や動物たちが傷や疲れを癒すために利用してきた自然の恵みなのです。

五つ星ホテルも採用。高品質クレイブランド「CLAYD」

今回MY Motto編集部が注目したおすすめのクレイは、海外では高級スパ・エステやトップアスリートも利用している「CLAYD(クレイド)!」アメリカ西海岸の砂漠地帯で数万年とも数億年ともいわれる長い月日の間地中深く眠り続けたクレイで、 古くからこの地に住んでいたネイティブアメリカンが「心と体を整えるもの」として大切に受け継いできたものです。付近には住宅や工場、農地などがなく、極度に乾燥した砂漠の地下で圧縮されていたため、汚染にさらされるもことも微生物なども存在することもなく、ナチュラルでピュアな大自然の恵み。「CLAYD」の優れた特徴とその使い方についてご紹介します。

特徴① 世界でも稀にみるミネラルバランス

「CLAYD」のクレイは、 長期間砂漠の下で多くの水や空気に触れることがなかったため、成分が流出せずミネラルが豊富に含まれていることが大きな特徴のひとつです。 世界でも指折りのクレイ研究者が絶賛するその成分バランスは、皮膚細胞が必要とするミネラルバランスと非常に近いもので、皮膚の細胞を新しく生成・修復するために必須なケイ素を中心に、マグネシウムやカルシウムなど重要なミネラルが含まれていて、入浴剤やフェイスパックとして使用することで健やかな素肌に導いてくれます。

特徴② クレイの老廃物の吸着力が高い

肌には表面の古い角質だけでなく、毛穴の奥の皮脂や化粧品の残りなどさまざまな汚れがあり、プラスに帯電しています。クレイは、表面がマイナスに帯電していることが主なため、毛穴奥の汚れを磁石のようにしっかりと吸着して排出してくれることが期待できるのです。しかも、クレイの粒子は一つ一つの表面積が大きいため、化学変化は非常に活発。「CLAYD」で使用しているクレイは、金属に触れたときに黒っぽく色が変わるという特徴を持っています。 入浴剤として使ってみると、肌の奥の汚れが排出され、お湯の色が黒く変色するのを見ることができるでしょう。

特徴③ モンモリナイトの保湿力

クレイは多孔質で水分を吸収しやすい特徴を持つため、上手に使わないと「クレイは乾燥してしまいがち」という印象のある方もいつかもしれません。「CLAYD」のクレイは、モンモリナイトという成分を含み、水にとけると、肌に付着して皮膚呼吸を妨げないフィルムのような薄い膜をつくります。この被膜が、肌を包むバリアのような役目を果たすので、 肌のうるおいも守ってくれます。しっかりと水分を与えながら使用すれば、かえって乾燥してしまうという恐れもありません。

特徴④ アメリカでは食品グレードのクレイ

欧米では、クレイは健康の改善などを目的に飲料として用いられていますが、CLAYDのクレイはFDA(アメリカ食品医薬品局*)のカテゴリーでは食品に分類され、ミネラルサプリメントとしても販売されているほど、ピュアで安全なクレイであると考えられています。日本では、「食品」としては輸入されていませんが、 万一口に入ってしまっても安心ですね。お子様や高齢者のいるご家庭にもおすすめできます。

*FDA: 医薬品/化粧品、食品や医療機器の規制・承認を行う米国政府機関

CLAYDの入浴剤の使い方

CLAYDのクレイは、デイリーに使いたい方におすすめのキャニスタータイプのものや、まずは試してみたいという方におすすめな個包装タイプ「ONETIME」( 入浴1回分)も。入浴剤として使う場合、1回の入浴の適量はおよそ30g。「CANISTER SET」の場合は、付属のウッドスプーンで山盛り3杯分が目安です。お湯に入れる際のポイントは、クレイが固まらないように少量ずつ溶いていくこと。まき散らすような感じで入れると溶けやすくなりますよ。20分以上の入浴が適切ですが、無理をせず体調を見ながら加減しましょう。パッケージもとても洗練されているので、ギフト・プレゼントにもおすすめです。

季節の変わり目は、自律神経が乱れがち。お肌のトラベルが増えたり、質の良い睡眠が取りづらかったりします。ぜひ、1回500円以下で手軽に取り入れられるクレイ美容を毎日のセルフケアに取り入れてみて!

関連記事

PICK UP